純喫茶クルクル

どうということもない、うちのねこの成長記録です。

くるみちゃんしーる

こんなのを作ってプリントアウトしてはニヤニヤニヤニヤしている

でもどこに貼ろうかまよっちゃう

f:id:ckpk:20171202222748j:plain

f:id:ckpk:20171202223507j:plain

クリエイティビティの発露だよ

でも会社の人には「良くそんな時間あるね」といわれて暇人扱いだよ

わかっちゃもらえない、あふれんばかりのクリエイティビティなんだよなあ…

 

私のメモ

これから世の中がどういう風になっていっても、

けがした野良犬の手当てをしたり、自分もお腹いっぱいではないのに野良ねこにご飯をあげたり、

ということをしている人はどこの国にも絶対いるということを覚えておかないといけない。

せっかくあまのじゃくに生まれてきたんだから付和雷同は絶対しない。

 

忘れないように書いとく

f:id:ckpk:20170913210639j:plain

 

うちにはたくさんこれがある

f:id:ckpk:20170829190935j:plain

このつめとぎ。

f:id:ckpk:20170829191256j:plain

これをやってるところを反対側の上からのぞき込むと、目が合った瞬間ぐいーんとのびてくるので可愛くて怖い。

で、そういうところを撮りたいんだけどなあ。むつかしいんだなあ

ボンヤリ夢みる

職場で、「お客さんが年取った猫の為にこういうの作りたいって言ってるんだけど」

「えぇ~そんな話聞いてないよ」

みたいな話が聞こえてきましてね…

難しい注文らしく担当者はちょっと困っているようだったけど、お客さんが言ってるなら断ることもできまい…フフフと思ったのであった。

大きな買い物(おさっしください)はしょい込むものも大きく、あまり興味はないんだけど「猫のためにこうしたい」みたいな話を聞くとちょっとうらやましい。

f:id:ckpk:20170601232233j:plain

キャットウォークとか壁にステップとか、猫用ドアとか窓とか猫用トイレスペースとか、マドリとか妄想しちゃうんだなあ

f:id:ckpk:20170601232516j:plain

f:id:ckpk:20170601232415j:plain

でも最近は賃貸でも楽しそうな物件があったりするよね~

f:id:ckpk:20170613213148j:plain

そういう雑誌も売れるみたい、たぶん妄想だけの人も結構買ってると見たね!

だって楽しいもの

四季を感じる

あったかくなると、なんかシュッとして見えるくるみちゃん

f:id:ckpk:20170505202629j:plain

では冬(2月頃)はどうかというと

f:id:ckpk:20170505202430j:plain

なんかそんな違わないような…

あれ、じゃあ気のせい?何か親の欲目的なこと??

家の中にいるにもかかわらず、我が家ではくるみちゃんがいちばん季節に敏感で、

鈍い我々はくるみちゃんの食欲や抜け毛で季節の変化を感じるんです。

でもシュッに関しては勘違いなのだろうか…?節穴?

 

f:id:ckpk:20170505200519j:plain

ところで最近くるみちゃんがはまってるのはソファに挟まってるパイプみたいなのをほじくりだすことです。埋めても埋めてもほじくっちゃあぐしゃぐしゃにかみまくって、ご満悦でおひるねです。

ソファのこの仕組み、そうでなくてもどうなの?って思っている。棒挟んどくって、ねえ。

 

 

ふれあった

保護猫カフェにいってきた。

f:id:ckpk:20170220191816j:plain

普通の猫カフェとちがうのは、普通に猫とふれあうだけでなく里親希望の人と猫のお見合いの場でもあるってとこ。もちろんただふれあってまったりするための人が行ってもよい。

f:id:ckpk:20170220191817j:plain

しかもしかも、猫のためのグッズ、猫の雑貨なんかも売っていて、購入すれば猫の保護活動の支援にもなるという!

通常の猫カフェだと、割と猫たちがこなれているというか「あ、お客さんね」みたいな感じなんだけどこちらは警戒が解けていない子もいたりする。

f:id:ckpk:20170220191636j:plain

でもそういう子がおもちゃへの誘惑を捨てきれないで飛びついてきたりすると…たまらんですよね~!!!

f:id:ckpk:20170220191736j:plain

「遊び疲れちゃった」

f:id:ckpk:20170220191635j:plain

しかし他の猫と遊んでいると、すぐにくるみちゃんに会いたくなってホームシックになってしまいましてね…。

というわけでお土産の猫じゃらしと、あと猫もヒトも食べられるおやつを購入!まさに私が望んでいたことだよ、くるみちゃんとおなじものをおいしいねおいしいねと食べるというのはさあ(実際ご飯はちょっとたべた)。

皆に早くすてきなおうちが見つかりますように、と祈りつつ飛んで帰る。

f:id:ckpk:20170220191517j:plain

これもおみやげのおざぶとん!銘仙ていうんです?しらんけど

唐草模様と迷ったけど、一緒に行った友達の「くるみちゃんとこの柄なら、黒船屋みたいじゃない?」との一声でこちらに決めた、いーこと言うわ~。

くるみちゃんを見慣れている目にはほかの猫はやっぱり小柄に見えた!

良い一日であった

ワクチン接種行ってきた

体重がなんと5kgジャストだった!

こないだまでまだ4kg台だったのに…さすがにショックでしつこく先生に太ってますか!太りすぎですか!!と確認したが別にそういう体型なんじゃねぐらいの反応…看護師さんも「くるみちゃんはこんな感じなんでは」みたいな…

その割には「デカ!」「男の子かと思ったこのおしり!!」とか言うから不安になっちゃったよ~先生勘弁してくれ!

育児書とちがう!と慌てるお母さんの気持ちがよくわかる…だってネットにも本にも雌ならせいぜい3,4kgと書いてあるんだもの…でも人の体型にもいろいろあるし…普段のご飯だって表示より少ないし…シルエット的にも太い感じはないし…と気持ちを落ち着かせています…

f:id:ckpk:20161020210119j:plain

ソファーに溶け込んでいるくるみちゃん