読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

純喫茶クルクル

どうということもない、うちのねこの成長記録です。

愛別外猫雑記/笙野頼子

猫の本も積極的に読んでゆきたいと思っている。誰も望んでいないコンテンツの充実も図るべく、ここに書いてやれ。

 

一気に読んでしまった。
とある野良猫のグループを保護して避妊手術を施し、子猫には里親を探し、最終的に残った猫たちに安住の地を提供すべく家を買って引っ越しをするまでの記録。猫嫌いの行動にもうんざりするが、無責任な餌やりをしたり避妊手術をかわいそうだと非難したり、自称猫好き達の行いや言葉にも憤りを覚える。こういう無責任な人たちほど自信満々で、猫達の行く末を心から憂えている著者たちはそれゆえに深く悩んでいる。というのもすでに家にいる猫との兼ね合い(先住猫と相性が悪ければ猫たちはストレスを感じ病気になってしまったりする)や住宅や金銭面など重い責任を持たねばならないことをきちんと知っているからで、その落差にも腹が立つ。野良猫の虐待や殺処分のことを知らんぷりする自分もこういうモンスターのような連中と一緒だと思うとまた気が滅入ってくる。
一方で猫たちについての文章を読むのははとても楽しい。言葉が話せたらこんなふうに言ってるんじゃないかな?と想像してにんまりすることが実際私にもよくあるので。また姿の美しさについての描写は本当に愛情と注意を持って猫を見ているんだなあと思わせる。それから著者は一匹の子猫に芥川龍之介からもらってリュウノスケと名前をつけたはいいけど夭折したらどうしよう?と慌てるんだけど、村上龍の本名も龍之介だったと気を取り直して、もらわれた先で子猫も順調に(そんな感じに)育っていたというくだりがまた楽しかった。
猫をめぐる現実を改めて突きつけられる辛い本ではあるけど、猫と暮らす自分のことを顧みる機会になった。

f:id:ckpk:20140414190527j:plain

猫川柳

ピンボケも 載せずにおれぬ 親バカかな